起業を志す全ての人へ。絶対最初に読んでほしい最高の2冊【資本主義編】

起業を志す全ての人へ最初に絶対読んでほしい2冊【資本主義編】

はじめに

起業とは事業を興して金儲けをするだけではありません
その先にある社会の発展を願い、日々取り組み続けるものであって欲しいと私は思っています。
そんな志を高くしてくれる起業に関する最高の2冊を紹介します。
原著は文体も難しいため、マンガで読めるシリーズです。
マンガの方が初めての方にもわかりやすく、ストーリー仕立てですので腑に落ちやすいはずです。
2冊に絞った理由も当然あります。
車を作るときはエンジンからではなく、まずはブレーキから作り始めるそうです。
だからこそ、何事も原動力となるエンジンだけを知るのではなく、抑止力となるブレーキまで熟知しておくことで、適切な力の使い方に向かいます。
日本は資本主義の国だからこそ、起業と資本主義は切っても切れません。
今回はこれから起業を志す方へ 資本主義の原動力(エンジン)と抑止力(ブレーキ) を紹介します。

資本主義の原動力と抑止力

原動力:論語と算盤(渋沢栄一氏)

論語と算盤
出典:Amazon.co.jp
日本の資本主義の父として知られている渋沢栄一さんの一冊です。
最近では大河ドラマの『青天を衝け』でも放送されているので、いま旬な人かも知れません。
新1万円札の顔でもありますよね。
この本は内容を紹介したいところですが、もうとにかく読んでほしいの一言です。
内容こそ野暮ですので紹介しませんが、読み終わった後に『視座が高まっている』ことを保証します。
資本主義を駆使して、どのように社会へ貢献していくのか。
金儲けが全てではないと腑に落ちる一冊です。

抑止力:資本論(マルクス氏)

資本論
出典:Amazon.co.jp
1人の小さなパン屋の商売人が資本の力を駆使して、商売を大成させていく話です。
工夫に工夫を重ねて、その努力に応じて自分の会社がどんどん大きくなっていきます。
そして、大成したその先に待っている資本主義の結末とは。。。
起業を志すときには、どのように事業を興すかに視野が狭くなりがちです。
そんな人にオススメしたいのが、この1冊です。
成功した暁には何が待っているのかを正しく認識することで、最初の行動からゴール思考になるはずです。
正しく使えば強力な武器となる資本主義。
しかし、力の使い方を間違えると自分を刺す諸刃の剣でもあります。
こちらも論語と算盤とは別の意味で、金儲けが全てではないと腑に落ちる一冊です。

終わりに

起業する前から多くの本を読んできましたが、その大半は起業して経験がないと理解できないものが大半でした。
だからこそ、私は『経験』が起業の学びにとって不可欠だと思っています。
一方、私が読んできた中で『経験がなくても理解できる』ジャンルの中で最高の2冊を紹介しました。
この2冊を読んで奮い立った方は、ぜひ私と一緒に起業を志しましょう!
淡路島から始まる挑戦に最高な1年間を提供する『fwywd(フュード)in 淡路』でお待ちしています!
株式会社キカガク 代表取締役会長
吉崎 亮介
twitter: @yoshizaki_91

【受講料無料】経営力と技術力を兼ね備えた起業家を目指そう

awaji
キカガクの創業者であり、fwywd 責任者である吉崎が次に手掛けるのは『本気の起業家育成』。
経営力と技術力の両方を兼ね備えた人材を育成し、これからの日本の変革に挑戦します。
これからは挑戦しないことがリスクになる時代
起業家として成功すべく試行錯誤する日々は確実に市場価値を高めます。
そして、起業家育成の舞台は淡路島
パソナグループがベンチャーアイランドとして変革を起こしているこの地で、仲間と切磋琢磨できる1年間を提供します。
宿泊などの生活面もパソナグループが全面バックアップで、挑戦するには最も良い環境です。