RSS フィードでエンコードエラーが発生した時の対処方法

 2021/07/05
RSS フィードでエンコードエラーが発生した時の対処方法

はじめに

どーも、入田 / ぐるたか @guru_taka です!
fwywd(フュード)では、Next.js に feed を導入して RSS と Atom のフィードを生成しています。しかし、久しぶりに RSS フィード URL(現在はエラー対応済み)を確認してみると、当初は存在しなかったエラー(下図参照)が出力されていました 😱
rss-error-solution-1
RSS フィードの購読は問題なく機能していましたが、ユーザーにおける購読の離脱率が上昇しそうなので、急いで対応。本記事では、その方法を紹介します。
▼ エラー解決後の RSS フィード URL
rss-error-solution-2

RSS フィードにおけるエラーの原因

出力されたエラー文は以下の通りです。
Input is not proper UTF-8, indicate encoding!
正しくない UTF-8 の文字が入力されていないため、エンコードで失敗しているとのこと。解決方法は、正しくない UTF-8 の文字を修正することです。
しかし、全ての記事を精査するのは、非現実的であり、骨が折れますよね…。なんと、RSS フィードのバリデーションツール(無料)を使うと、一瞬でエラーの箇所を見つけ出すことが可能です!

Feed Validation Service で、エラー箇所を突き止める方法

Feed Validation Service にアクセスし、下図のように RSS フィード URL を入力しましょう。
rss-error-solution-3
すると、一発でエンコードエラーが起きている箇所を指摘してくれます。便利!
rss-error-solution-4
指摘された文章を正しく修正すれば、無事に RSS フィードのエンコードエラーを修正できるでしょう!

最後に

以上になります。RSS フィードでエンコードエラーが発生した時は、Feed Validation Service をお使いください!一瞬でエラーの箇所を見つけ出すことができます。
ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

株式会社キカガク コンテンツマーケティング責任者
入田 / ぐるたか
twitter: @guru_taka

\ 次期受講生募集中 /

経営から技術まですべての力を手に入れたいあなたへ

【次期受講生募集】経営から技術まで仲間と一緒にすべての力を手に入れたいあなたへ

『起業家精神 × 学び方改革』が起こす行動の劇的な変化!
キカガク創業者の吉崎が考える新しい起業家育成の環境。
スキルばかり磨いて変わらない現実を変えていきましょう!